ダイエット 栄養素

ライフスタイル

栄養素はチームワークで働く!ダイエットには偏った考え方は禁物!

<スポンサードリンク>

僕のもとにはよく、

『ダイエットするには何を食べたらいいですか??』
とか、
『体にいい食べ物って何ですか?』

という質問が多く寄せられます。

たしかに、何を食べたら痩せられるのかは気になると思いますし、できるだけ体に良いものを食べながらダイエットをしたいと思うのは当然でしょう。誰もが最短で無駄なくダイエットを成功させたいですよね。

ですが、ここで間違ってはいけないのは、

『偏った食事はダイエットにも健康的なライフスタイルにも効果を発揮しない』

ということです。

日本人は特に、流行りに敏感で流されやすい人種だと言われています。

トマトが痩せるとテレビで放送されればスーパーからトマトが消え、炭水化物が良くないと医師が発表すれば途端に糖質をすべてカットし、石原さとみがグリーンスムージーで痩せたと話題になれば、毎日グリーンスムージーをひたすら飲むという生活をスタートする…。

この記事をご覧のあなたも、もしかしたらご経験があるのではないでしょうか?

このくらい、日本人は流行りに敏感です。そして極端にすべてを『良い悪い』で判断してしまいまいがちです。

星野真生 ダイエット*LINE@で友だちになってくれた方には限定で、ボディメイクコラムの配信や、無料相談も受け付けています。ぜひこちらをクリックしてお気軽にご申請ください〜。

栄養素はチームワークで働く!

ダイエット 栄養素

たとえば、貧血になってめまいがする人が病院に行ったとしたら、どんな成分が入った薬やサプリメントをもらうと思いますか?

おそらく、多くの人が考えるのは『鉄分』ではないでしょうか。鉄は血液中に存在して酸素を運ぶ役目を果たしたり、筋肉に存在して血液中の酸素を筋肉の中に取り込むといった働きをしています。なので、貧血気味の人が鉄分を摂るということは、とても理にかなったことだといえるでしょう。

しかし、そういった時にただ鉄分だけを摂取したとしても、実は大きな効果は期待できません。鉄分の働きをしっかりと発揮させるためには、『銅』というミネラルが必要であり、体内に銅が不足すると、鉄分がしっかりと機能せずに『鉄欠乏性貧血』を引き起こす可能性が あるのです。

これはほんの一例ですが、『貧血だから鉄分』とか、『疲れを摂るために糖分』とか、『筋肉をつけたいからプロテイン』など、偏った栄養の摂取では、実は摂取した栄養素の本来のパワーを引き出すことはできません。

栄養素はチームワークで機能するので、『あれは良いこれは悪い』と極端に判断してしまうと、偏った栄養素しか摂取しなくなるためとても危険です。

専門的なところまで理解する必要はまったくありませんが、

『偏った食事では栄養素はカバーできず、一つの栄養素を摂りすぎてもあまり効果的ではない』

ということはぜひ覚えておいてください!

<POINT>
・栄養素はチームワーク!誰かが欠けたらチームが崩壊!
・足りない栄養素だけを集中的に摂っても効果的ではない!
チームワークの簡単な例:【ナトリウムとカリウム】、【カルシウムとリン】、【鉄と銅】など

偏った考え方はやめよう!

ダイエット 栄養素

これは栄養面に限らず、どんなことでも当てはまります。

『どっちの道を選ぶのが正しいのか…。もしかしたらこっちは間違いではないのか…。』

そんなことを考えて、なかなか一歩を踏み出せない人は多いと思います。ですが、どっちを選択したとしても人は結局、

『あっちの方が良かったんじゃないか』

と考えてしまい、現状に満足することはありません。常に『もっと』という感情があるため、後悔って完全にはなくならないんです。

だけど、栄養はちがいます。『栄養をとった方がいい人』と『栄養はとらなくていい人』なんていないですよね。健康的に生きていくために、誰もが食べるものや飲むものはしっかりと考えなくてはならない のです。

食生活に関しても『アレはだめこれはOK』などと偏った考え方をするのではなく、『健康的に生きていくために色々な栄養素をとろう!』というふうに、もっと幅広い感性で毎日を送っていきましょう。

『栄養はとった方がいいのかな?ま、とらなくてもいいや』なんてことはあってはならないということ です。

それぞれの食材にそれぞれの良いところがたくさん含まれていますから、チームワークで働いてくれる栄養素に感謝して、しっかりと体に取り入れていきたいですね!

すべての土台はミネラル

ダイエット 栄養素

栄養素はチームワークで働くと書いてきましたが、そのすべての土台になるのが『ミネラル』という栄養素です。ミネラルをとっていなければ、体内の酵素もたんぱく質もビタミンも、しっかりと機能することはありません。

『体重を落とすには~~を多く食べて』とか、『運動後には~~を食べて』など、その場面ごとに必要なものは変わってくることもありますが、ミネラルだけはそうではありません。

ミネラルは

『良い悪い』

ではなく、

『絶対に必要なもの』

なのです。ミネラルという土台があって初めて、人間の体が機能する ということですね。

僕たちもチームワークで豊かに

栄養素 チームワーク

しかし最近では、下水道やダム、または農薬の誕生によって、地球上に存在していたミネラルはどんどんと減少しています。ほうれん草に関しては、50年前に比べて10分の1程度しか含まれていません。つまり、野菜をしっかり食べてもミネラルを摂ることが難しい時代だということです。

だから僕は、品質の良いサプリメントによってミネラルを補給しています。これは先ほども言ったように、『体に良いから飲む』のではなく、『生きるために絶対に必要だから飲む』という意識で取り入れています。

健康的に生きなくていい人なんて一人もいません。誰もがしっかりとした意識をもち、健康的に生きるということを本気で考えなくてはいけない時代がきていると僕は思います。

あなたの体はあなただけではなく、あなたの子孫にまで遺伝子が受け継がれていきます。その人たちが元気に人生を過ごしていくためにも、まずあなたが偏った考え方を捨て、そしてあなたの体を元気にしてあげるようにしてください。しっかりと体に栄養を入れてあげてください。

ダイエットコンサルという仕事をしている僕ですが、その一番の目的は体重を落とすことでも脂肪を落とすことでもありません。僕と出会ったことによって考え方が変わり、今のあなたが今のあなたを愛せるようになること、そして健康的で幸せな人生が送れるように、貢献していくことです。

栄養素がチームワークで働くように、僕も自分の持っているものを分かち合い、僕に関わってくれる人たちとチームワークで人生を良くしていくこと。それが僕の使命であり生きがいです。

僕のダイエットコンサルの理念はそこにあり、これからもそんな想いを軸に発信していきます。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

星野真生 ダイエット*LINE@で友だちになってくれた方には限定で、ボディメイクコラムの配信や、無料相談も受け付けています。ぜひこちらをクリックしてお気軽にご申請ください〜。

<スポンサードリンク>

関連記事

  1. ダイエット 血糖値

    オールブラン

    ダイエットはカロリーより血糖値を意識しよう!上げない食べ方と下げる方法

    ↑こちらの画像は東京の駒沢大学駅の近くにある、『CORDE』という…

  2. オールブラン

    お腹を早く満腹にするのがダイエットのコツ!その方法と食べ方を紹介

    ぼくはたびたび、『たくさん食べてたくさん運動することがダイエッ…

  3. もち麦 痩せない

    食べ方・飲み方

    もち麦を食べても痩せない原因とは?食べ過ぎると体は栄養不足に!?【本編】

    もち麦は現在、ダイエットに適した食品として大きな注目を集めていますね。…

  4. エアビー スーパーホスト

    ライフスタイル

    Airbnb(エアビー)のスーパーホストに選ばれました!

    この記事をご覧いただいているあなたは、Airbnb(通称エアビー)を利…

  5. 星野真生 ダイエット

    運動

    食べても太らない体作りのために僕がプロボクサー時代にやっていたこと!

    僕はプロボクサー時代に減量を経験してきましたが、それによって今もなお太…

  6. ダイエット 見た目

    マインドセット

    体重だけにとらわれないダイエット|見た目を意識した痩せる方法は塩分がカギ!

    『ダイエット=体重を落とすこと』 という考えは、広く浸透しているかと思…

<期間限定>無料カウンセリング実施中!

星野真生 ダイエット

友だちだけに限定コラム配信中!

星野真生 ダイエット
  1. 星野真生 ダイエット

    マインドセット

    痩せたいけど時間がない!実は忙しい方がダイエットは成功する?
  2. 正しいダイエット

    マインドセット

    『正しい』ダイエットなんてないから『楽しい』ダイエットで成功しよう!
  3. プロテイン 太る

    プロテイン

    プロテインを飲むと筋肉がついて太るの真相|ダイエットに効果ある?
  4. mao's diet レシピ

    mao’s dietレシピ|シンプルなカルボナーラに生ハムとまいたけ…
  5. 星野真生 ダイエット

    ダイエットコラム

    ダイエットコラム【ダイエットと汗の関係性】
PAGE TOP