星野真生 ダイエット

運動

食べても太らない体作りのために僕がプロボクサー時代にやっていたこと!

<スポンサードリンク>

僕はプロボクサー時代に減量を経験してきましたが、それによって今もなお太りにくい体を作ることができました。

当時はあまり意識せず、当たり前のように実践をしていましたが、ブログやコンサルなどを通じてそのメソッドを発信していると、その方法はかなり特殊なものだったんだということに気がつきます。

そこで今回は、実際に僕がプロボクサー時代にやっていたこと、または気をつけていたことなどについて まとめてみましたので、ぜひぜひ参考にしてみてください!

気になることがありましたら、いつでもご質問くださいね!

(それにしても懐かしい画像が出てきました(笑)。多分コレは19歳のときですね^^)

星野真生 ダイエット*LINE@で友だちになってくれた方には限定で、ボディメイクコラムの配信や、無料相談も受け付けています。ぜひこちらをクリックしてお気軽にご申請ください〜。

僕が現役当時にやっていたこと

星野真生 ダイエット

僕が実際にプロボクサー時代にやっていたことを、思いつくままに挙げてみました。

当時は当たり前のように行っていましたが、今考えてみると、

『これらをやってきたおかげで今もなお太りにくい体づくりをすることができた』

と僕は確信しています。ぜひチェックしてみてください!

朝と昼にたくさん食べる

ダイエットにはカロリー制限が大切だという考え方もありますが、僕はその逆で、『摂取カロリー』よりも『食べる時間帯』を重要なものとして考えていました。

もしも摂取カロリーでダイエットの成否が決まるのであれば、僕は今ごろどれだけ肥満になっていたことか…。

それを想像しただけで体が震えます(笑)

食べたら必ず有酸素運動をする

時間帯を気をつければどれだけ食べても大丈夫なのかというとそうではなく、その後(食べた後)にしっかりとケアすることが大切です。

僕は食べ放題に行ったあと、食べたものが消化したなと思ったら(食べ終わって4時間くらいたってから)、サウナスーツを着てジョギングに出かけていました。

サウナスーツを着る理由は、『汗をかいてむくみを解消させるため』 ですね。食べ放題に行くと食べる量はもちろん、塩分を大量に摂取していることが考えられますので。

もしも苦しくて走れないという時はウォーキングでも大丈夫ですので、『食べ放題に行ったら必ず有酸素運動をする』 という意識をもつといいですよ!

脂質を一切とらない

僕はプロボクサーだった当時、『脂質』を毛嫌いしていたので、揚げ物は一切食べることはありませんでした。

飲み会では欠かすことのできないフライドポテトや鶏の唐揚げも、一切手をつけなかったんじゃないかなと思います(みんなに隠れて衣をはがしていたこともあります 笑)。

脂質は体にとって大切な栄養素なので、今思えばもっと摂ってよかったんじゃないかなとも思いますが、当時は無理して食べなかったわけではないので、それはそれでよかったかなと思いますね。

現役を引退した現在の僕は、摂るべき脂質(オリーブオイルやグラスフェッドバターなど)は積極的にとるようにしています。

今になって思うことは、健康的に痩せるためにも美しさを保つためにも、『油は積極的に摂っていくべき』だということ ですね。

あまりにも油を避けていたせいで、筋肉が落ちてしまうという経験も僕はしましたので。

サラダにドレッシングをかけない

当時の僕は脂質をとらないようにしていたので、サラダにもドレッシングをかけることはありませんでした。

友だちとご飯を食べに行ったときでさえ、『ドレッシングはかけないでいただけますか?』と言っていたくらいです。

ドレッシングの油も酸化しやすく、塩分もたくさん含まれているので、なるべくなら摂らない方がいいかと思います。僕は家でサラダを食べるときは必ず、オリーブオイルをかけるようにしています。

塩分をたくさん摂ると体に水分が溜まり、パンパンにむくんでしまいます。

体重も落ちにくくなって痩せにくい体にも繋がりますので、普段の生活から塩分の摂取量を控えるように 心がけましょう。

必ず野菜から食べ始める

これは僕が今も続けている、血糖値の上昇を防ぐために行っていることです。

レストランなどに行ったときには野菜を一緒に頼めばいいですが、難しいのは『おやつを食べたくなったとき』 。そのときに野菜が近くにあることってあまりないですよね(笑)

そんな時こそ、僕が心からオススメしている食品、『オールブラン』の出番 です。

参考記事:オールブランの素晴らしさまとめ!

僕は現役当時、オールブランがいつでも食べられるように常に持ち歩いていました。

外出中に甘いものが食べたくなればオールブランを食べ、急な誘いで飲みに行くことになればその前にオールブランを食べ…。

そんな感じで、オールブランを使って血糖値の上昇を常に防いでいましたね。それによって減量もかなり楽になりましたし、体脂肪を順調に落とすことも可能になりました。

オールブランを持ち歩くことができれば一番いいですが、少なくとも『食事の際は必ず野菜から食べ始める』という意識を もち、普段の生活をしてみてください!

麦飯100%

僕が体重のことに強く意識するようになっていた頃は、主食を白米でもなく玄米でもなく、『麦飯』にしていました。

参考記事:置き換えダイエットは白米を麦飯or玄米にするのがオススメ!その効果とは?

麦飯のいいところはなんといっても『食物繊維が豊富なこと』 ですね。

玄米もダイエットには素晴らしい食材ですが、食物繊維の量だけで見ると麦飯には及びません。玄米は白米の5倍ほどの食物繊維なのに対し、麦飯はなんと白米の20倍もの量が含まれています。

100gの麦飯を食べれば約10gもの食物繊維をとれますから、本当に優秀な食材 だといえますね。

ただ、体重ばかりを意識して食物繊維をとりまくっていたせいか、当時の僕は痩せ過ぎてしまったので、それから麦飯ではなく玄米に主食を変えました。

普通の方であれば食物繊維を摂りすぎるということはないかと思いますので、麦飯を主食にするのはダイエットにはとても効果的ですよ!

夜でも炭水化物(麦飯)

最近は糖質オフダイエットが流行っていますが、当時の僕は夜でも炭水化物を食べていました。

ジムでのトレーニングが終わるとどうしても夜おそくなり、そこから食事をすることになってしまうので、炭水化物を食べるのは21時過ぎくらいになっていましたね。

そのときに食べていたのが、上にも挙げた『麦飯』 です。その効果は上に書いた通りです。

ただ、あまり美味しくないと感じる方も多いので、その場合には、白米と麦飯を8:2くらいの割合でも大丈夫ですので、まずは少しずつ麦飯を取り入れていきましょう。

食べ放題に行かない日は完全栄養食

僕はよく食べ放題に行っていましたが、それでも太らないために、しっかりと気をつけていたことがあります。

それは『たくさん食べる日と栄養重視の日のメリハリをつける』ということです。

食べ放題に行った日はもちろんたくさん食べるのですが、それ以外の日はひたすらオールブランを食べたり、麦飯を食べたり、低脂質のものを食べたりと、食べたいという欲よりも栄養を重視していた んですね。

定期的に食べ放題に行くという習慣をつけると、その日が待ち遠しくなり、他の日はその日のために頑張ろう気持ちになれるんです。

毎日食欲と格闘しながら過ごすよりも、こうしてメリハリをつけることはとてもいい方法だと僕は思います。というより、僕はこの方法で減量を難なく成功させたので、めちゃめちゃオススメする方法です!

業務スーパーで野菜と冷凍肉のまとめ買い

僕が重宝していた業務スーパー

こちらは、僕が現役時代によく使っていた業務スーパーです。ご存知の方も多いかと思います。

ここには一週間に一度くらい行き、まとめて冷凍野菜や冷凍肉を買っていました。それらを冷凍庫に保存し、家での食事の際ににチンして食べるようにしていましたね。

業務スーパーのいいところは、なんといっても安くてたくさんの量が入っているところ です。冷凍なので調理も簡単ですし、バリエーションも豊かなので、僕はここでの買い物をけっこう楽しんでいました(笑)

他にも、麦飯や納豆、缶詰なども売っているので、本当に素晴らしいお店だなと思います^^

お近くに業務スーパーがあるという方はぜひ、ダイエット食を買いに出向いてみてはいかがでしょうか。

朝のロードワーク

ボクサーのほとんどは、朝のロードワーク(走るトレーニング)と夜のジムトレーニングの2部練を行っています。

朝は体の中が空っぽなので、その時間に走ることによって効率よく脂肪を燃やしてくれるんですね。

僕の場合は夜遅くに食べることもけっこうあったので、次の日はそれを完全に消化してから(朝に走ってから)一日の最初の食事を摂るように心がけていました。

もちろんボクサーとしてスタミナやパワーをつけるためにロードワークを行っていたのですが、それと同じくらい体重や脂肪のことも考えて走っていました ね。

走るのは大変という方はウォーキングでも大丈夫ですので、朝に運動をするという習慣をぜひつけてみてください。

より一層食事が美味しく感じられたりもするので、とてもオススメです!

参考:ダイエットは朝が勝負!朝活を習慣化して痩せる方法とオススメ朝食メニュー

食べ放題に行かない日は朝ごはんは食べない(プロテインとバナナのみなど)

僕が行っていた食べ放題のほとんどは朝のバイキングでしたが、たまには気分を変えてランチバイキングにも行っていました。

参考:食べ放題でも太らずダイエットする方法|元ボクサーが減量中に通ったお店を紹介

その時に意識していたのが、朝の時間の過ごし方です。

ランチバイキングでは食べる量はもちろん、塩分をたくさん摂ることが予想されます。

なので、あらかじめカリウムをとっておいたり、オールブランを食べて体が脂質を吸収する準備をしていた んですね。

また、そのランチバイキングではあまりお肉などのたんぱく質が摂れないと予想される場合には、プロテインを飲んでから出かけていました。

参考:忘年会や飲み会続きでも太りたくない!対策は当日ではなく事前の準備で!

こちらの参考記事にもあるように、僕が食べ放題にたくさん行っても太らなかったのは、それ以外のところでちゃんと対策をとっているからです。

家に帰るまでが遠足のように、食べ放題での食べ方だけが重要なのではなく、その前後もしっかりと意識することで、僕の食べ放題ダイエットのメソッドは効果を発揮します。

いろんな野菜を食べる

先ほど紹介した業務スーパーにはさまざまな野菜が売られているので、僕はなるべく色々な種類を買うようにしていました。

というのも、野菜それぞれにもつ栄養素は違うので、一つのものをたくさん食べるより、いろいろな野菜を食べることで、それぞれのもつ栄養を効率的にとることができる からです。

僕がよく買っていたのは、ほうれん草、かぼちゃ、菜の花、そら豆、ブロッコリー、しいたけ、芽キャベツ、いんげんなどでした。

炒め物には油をひかない

現役時代は本当に脂を毛嫌いしていたので、お肉や野菜を炒めるときでさえ、油をひいていませんでした。

今思うとそれはちょっとやりすぎだったなと思うので、現在はオリーブオイルを使って炒め物をするようにしています。

健康的に痩せていくためには油もしっかりと摂る必要があるので、現役時代の僕ほど徹底する必要はないかと思います。

ただ、油によっては酸化しやすかったり、体を傷つけてしまうものも多いので、ぜひオリーブオイルを料理に取り入れることを オススメします。

ちなみに、僕が現在使っているオリーブオイルは『メルガレホ』という種類のものです!

参考サイト:楽天市場

パンはあんぱん、ライ麦パン、全粒粉パン(ココスでもほぼそう)

僕はご飯の他にもパンが大好きなのでよく食べていました。

ただ、食べるものには気をつけていて、あんぱん、ライ麦パン、全粒粉パンなどを選んでいたましたね。

あんぱんは脂質が低いので、朝やお昼にお腹が空いたときに食べていましたし、ライ麦パンや全粒粉パンには食物繊維が豊富なので、ココスの朝食バイキングでも本当にたくさん食べていました。

『パンはダメ』と決めつけるのではなく、その選び方によってはダイエットにも使えるというのが僕の実体験 です。

パン好きの方はぜひ、参考にしてみてください。

参考:主食はお米ではなくパンを食べて痩せたい!そのダイエット方法や選び方とは?

納豆・卵は毎日1~2個

納豆や卵も僕はめちゃめちゃ重宝していましたね。

まず何より、納豆に卵を混ぜると本当に絶品なんです。どちらも安く手に入るので、コスパも最高です。

星野真生 ダイエット

納豆には良質なたんぱく質やアミノ酸、または食物繊維も豊富なのでダイエットにも効果的ですし、卵は完全栄養食と言われている食品なので、健康的に過ごすためにも欠かせない食品 です。

美味しく栄養を、そして美味しく食べながらダイエットをするためにとてもオススメですので、ぜひ取り入れてみてください!

肉は豚・鶏など、脂身の少ないもの

肉を食べるときはなるべく、脂質が少ない部位を選んでいました。

豚肉であればももやむね肉、鶏肉であればささみやもも肉、もしくはむね肉などですね。

また、もも肉やむね肉についている皮は絶対に剥がすように していました。味に大きな違いはないので、だったら余計な脂質は摂りたくないなと思ったからです。

すぐに簡単にできることですし、皮を剥がすだけで余計なものを摂らなくて済みますので、とれる皮はとるという意識をもって料理をしていきましょう。

食べ放題に行ったら汗をかくことを意識

食べ放題に行くと、食べる量はもちろん、塩分もたくさん摂ってしまいます。

なので僕は、食べ放題に行った後は汗をかくことを意識していました。

参考:汗をかくと体重は減るけど脂肪は減らない?半身浴ではダイエットできない理由

こちらの参考記事では、汗をかいても脂肪は減らないということを解説しています。

じゃあ汗をかいても意味がないんじゃないかと思われるかもしれませんが、僕は体重を落とすために汗をかくことを意識していたのではなく、体のむくみをとるために汗をかくようにしていた んです。

塩分をたくさん摂ってむくんでいると、体から水分が抜けづらくなり、体重が落ちにくくなってしまいます。それでだけではなく、見た目にも太っているというのがわかりやすく出てしまいますので、なるべく塩分は抑えた方がいいですね。

なので、食べ放題に行って塩分をたくさんとったなと思ったら、運動をして汗をかいたり、お風呂やサウナに入って汗をかくということを意識してみましょう。

塩分を抑えるだけで体重はスッと落ちるようになりますよ!

参考:体重だけにとらわれないダイエット|見た目を意識した痩せる方法は塩分がカギ!
(塩分を排出するにはカリウムという栄養素も効果的なので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください!)

ジュースは必ず果汁100%

果汁飲料を飲むときは、必ず果汁100%のものを選んでいました。

果汁20%とか30%では砂糖などの糖分が多いので、100%のものを選ぶべきですね。

カフェなどに行くと、『オレンジジュース』と書かれているだけで、果汁の割合はひと目ではわかりません。そういったときにオレンジジュースを飲みたい場合には、必ずスタッフに聞くようにしましょう。僕はレストランなどでもそうしていて、『100%だったら頼む』 ということを徹底してました。

塩分をとりすぎたときも、カリウムを摂取するという目的で果汁100%飲料を飲むのもすごくいいですね。

商品を選ぶときは低脂質、高食物繊維のもの

スーパーやコンビニなどで商品を選ぶときは、その裏の成分表を見る癖をつけるといいです。

炭水化物、たんぱく質、脂質が書かれている他に、食物繊維が書かれているものもあります。

星野真生 ダイエット

このように、チョコレートなどの甘いものに食物繊維が含まれていることも多いので、そこを一つの選ぶ基準にするといい です。

同じ美味しいなら栄養があった方がいいですし、食物繊維効果で余計な脂質を溜め込まない方がいいですよね。

そういった意味でも、商品を選ぶときには必ず成分表を見る癖をつけましょう。

とにかく食物繊維を意識

減量も仕事の一つだったボクサーとしての現役時代、僕はとにかく『食物繊維をとること』を意識していましたね。

主食は麦飯か玄米、食事の前にまずオールブランを食べる、お菓子も食物繊維が含まれているものを選ぶなど、ありとあらゆるものから食物繊維をとろうと意識していました。

一時期はそれが災いして、痩せ過ぎてしまったこともありました…。顔はこけ、筋肉も落ちてしまって、ボクサーらしからぬ体になった時期もありました…。

このように、食物繊維をとりすぎることは、脂質以外の栄養も外に出してしまうので逆に健康的ではありません。

ただ、痩せていくということに関しては僕は体感としてものすごく効果を得ているので、ダイエットには欠かせない栄養素 なんですね。

当時の食物繊維をとりまくっていた生活により、現在の太りにくい体を作ることができたと僕は確信しています。

参考:オールブランの素晴らしさまとめ!

サプリは使わない

『これを飲めば痩せる』や、『脂肪を全て吸収する』など、現在は本当に多くのサプリメントが販売されていますよね。

ですが、僕自身としてはサプリメントなどはほとんど使ってなく、使っていたのはプロテインくらい。

トレーニング後、あるいは食事でたんぱく質が少ないときなどにプロテインを飲み、栄養を補給していました。

もちろん、サプリメントを使って効果を出している方も多いですし、もしかしたらサプリメントを使ったほうが良いのかもしれません。

だけど、普通にご飯を食べて痩せられればそれに越したことはないし、それに足りない分を最低限の補助食品で補う、というのが健康的にダイエットをしていくためには大切だと僕は思うんです。

そんな意識で僕は、当時から体づくりをしていました。

*追記:最近はミネラルの重要度に気づき、自分自身に取り入れています。そちらについても今後どんどん発信してきますので、楽しみにしていてください!

まとめ〜『痩せる』のではなく『痩せやすい体』を手に入れよう〜

現役時代は体重を落とすためにこれらをやってきましたが、今思うと、これらをやってきたことによって『痩せる』だけではなく、『痩せやすい体』を作ることができたということを確信しています。

今はもう無意識に食物繊維を求めるようになっているし、食物繊維が満ちている毎日によって、自然と便通がよくなったり増えた体重も元に戻ったりと、現役当時の行動が今の生活にもいい影響を与えています。

目先の体重を意識した我慢の多い毎日を送るよりも、一度痩せやすい体を手に入れて、その後の人生では自然とダイエットがうまくいくような毎日。

それを掴むことが僕は理想的だと思いますし、そのためのダイエットメソッドをこれからも発信していきます!

星野真生 ダイエット*LINE@で友だちになってくれた方には限定で、ボディメイクコラムの配信や、無料相談も受け付けています。ぜひこちらをクリックしてお気軽にご申請ください〜。

<スポンサードリンク>

関連記事

  1. 食べ方・飲み方

    ダイエットに摂取カロリーは関係ない?食べる量より食べる時間帯を意識すべし

    ダイエットの際に気になることといえば、やはり『カロリー』 ではないでし…

  2. 食べたら痩せる食べ物

    マインドセット

    食べたら痩せる食べ物などない!食べる目的は痩せやすく太りにくい体を作ること

    最近は本当に、いろいろなダイエット法が溢れていますよね。『これ…

  3. 運動後 食事

    スポーツ

    【ダイエット中】運動後の食事は何を食べるべき?炭水化物は太る?【本編】

    ダイエット中の運動後は、いったい何を食べると効果的に痩せることができる…

  4. 食べ放題 ダイエット
  5. プロテイン 太る

    プロテイン

    プロテインを飲むと筋肉がついて太るの真相|ダイエットに効果ある?

    『プロテインを飲むと筋肉がついて太ってしまいそう...。』こう…

  6. ダイエット 運動後 食事

    スポーツ

    【ダイエット中】運動後の食事は何を食べるべき?炭水化物は太る?

    ☆お知らせ☆このたび、管理栄養士 兼 ダイエットア…

<期間限定>無料カウンセリング実施中!

星野真生 ダイエット

友だちだけに限定コラム配信中!

星野真生 ダイエット
  1. 正しい ダイエット

    マインドセット

    正しいダイエット方法など存在しない|あなたに合ったやり方で成功を掴もう
  2. 星野真生 ダイエット

    運動

    食べても太らない体作りのために僕がプロボクサー時代にやっていたこと!
  3. 甘いもの食べたい

    食べ方・飲み方

    甘いものがやめられないし食べたい時の代替えオススメ食を元ボクサーが紹介!
  4. ダイエットできない

    マインドセット

    ダイエットができない人の3つの共通点!痩せることって実は簡単?【本編】
  5. オールブラン

    ダイエット中の朝ごはんに食べるべきシリアル!選び方や注意点とは?
PAGE TOP