食べ放題 ダイエット

食べ放題

週に3回行っても太らない!?ダイエット中の食べ放題での対策と食べ方とは?【本編】

<スポンサードリンク>

食べ放題といえば一般的に、『たくさん食べちゃうから太る』というイメージがあるかと思います。しかも週に3回も行ったら、もう考えられないくらい太ってしまうのではないか…。って感じですよね(笑)

ですが僕がボクサーの現役時代、週に3回食べ放題に行ったときでも、しっかりと体重をキープしていました。しかも毎回お腹いっぱいになるまで食べたとしても、その数日後には元の体に戻すことができたのです。

常識的には『たくさん食べたらその分太る』とされていますが(まぁこれは正しいのですが)、その言葉をそのまま受け取るのではなく、工夫をこらすことによって、逆にそれを効果的なダイエットに変えていくことだってできるんです。

そこで今回は、食べ放題に週に3回行ったとしても体重をキープできるダイエット法について、僕の実体験を交えながらお伝えしていきます。

ダイエットと食事の関係性

食べ放題 ダイエット

あなたがダイエットをしようと決意したとき、いちばん最初に考えることはなんでしょうか?

おそらく、

『食事を減らそう』

ということではないでしょうか?

ご飯の量を減らせば体重が落ちていくし、脂肪も少なくなって、結果的にダイエットが成功するのではと考える人は多いと思います。

たしかにこの考え方は間違ってはいません。人間は何かを体に入れればその分体重が増えるし、逆に食事を抜いていたら体重は落ちていきます。

だから僕は試合直前の最後の体重調整のときは、軽くてお腹にたまるものを選んで食べていました。たとえばガリガリ君は110gですから、食べたとしても110gしか体重は増えません。プロテインバーであれば30gちょっとしかありませんから、栄養価もあって満足度が高いわりに、食べたとしても30gちょっとしか体重が増えないんです。

なので、食べすぎた次の日に体重を測って

『あー!!こんなに太ってる…!!』

と、悲しむ必要はないんですよ。

だって前の日にたくさん食べたわけですし、逆に増えていなければ少しおかしいくらいです。その後しっかりとフォローしてあげれば、元通りにすることはできます。

だからまず理解していただきたいことは、

『食べたら体重は増え、食べなければ体重は落ちていく』

という単純な構造。そして、

『体重が増えたから太った』とか、

『体重が減ったから痩せられた』

ということではないということです。

ここをまず理解しておかなければ、常に一喜一憂しながら、そしてストレスをためながらダイエットを続けていくことになってしまいます。そうなれば挫折してしまい、ダイエットに挑戦することすら辞めてしまうことにもなるでしょう。

大切なことは、

『ダイエットしたければしっかりと食べることが大事』

ということです。これをしっかりと覚えておいてください。

食べても太らないことなんてあるの?

食べ放題 ダイエット

やはり多くの人にとってのダイエットの一番の敵は、『食べること』ではないでしょうか。

食べたいけど痩せるためには我慢しなきゃ…と、常にその欲求と戦っていらっしゃる方もいるかと思います。

僕もボクシングをやっていたころは、常にその欲求との戦いでした。ボクサーは体が資本であり、体重管理も仕事のうちですから、『食べること』に関してはいつも気をつかっていたのです。

僕は試合が決まっていないときから体重が増えすぎるのが嫌だったので、どうにかして『食べても体重が増えない方法』を考えていました。そんな時に出会ったのが、今回記事にした

『食べ放題に行ってストレスを解消しながら体重を落としていく』

という方法。

一見すると矛盾しているようですが、食べる時間帯や食べる順番、食べた後のフォローなどに気をつければ、たとえ食べ放題で食べまくったとしても体重を落とすことは簡単です。

過去の僕もそうだったのですが、太ってしまうのは食べるものや食べる量が原因だと考えてしまう人は多いのではないでしょうか?ですが実はそんなことはなく、先ほども書いたように

・食べる時間帯
・食べる順番
・食べた後のフォロー

この3つさえ気をつけていれば、たとえ週に3回食べ放題に行ったとしても、それをダイエットにつなげていくことは充分可能です。

食べたいけど体重は落とさなければいけないという状況だった僕にとって、この発見は画期的でした。

食べ放題に行っても太らない方法

<スポンサードリンク>

それではここで、週に3回食べ放題に行っても太らない方法について、先ほどの3つの観点から解説していきたいと思います。

食べる時間帯を気をつける

僕が食べ放題にたくさん行っていたころは、その全てが『朝』もしくは『ランチ』バイキングでした。

朝や昼であれば、その後の活動によって摂ったエネルギーは消費されていくので、夜に比べてお腹に溜まるものは少なくなります。そして朝や昼にお腹いっぱい食べることにより、夜にお腹が空かないという好循環が生まれます。

お腹が空かないということは、食べたいという欲求も生まれないのでストレスも感じませんよね。そうすれば我慢して食事を抑えることもなく、夜は野菜だけとか、プロテインを飲むだけとか、栄養価を重視した食事だけで済むのです。

ちなみに、僕がよく使っていたのは、ココスの朝食バイキングです。

僕が愛用していたココスの朝食バイキング

種類も豊富だし、普通においしいので、頻繁に使わせていただいていました。

食べる順番を気をつける

食べる時間帯に引き続き大切なことは、食べる順番 です。

食べる順番に気をつけるのは、急激な血糖値の上昇を防ぐためです。

参考:ダイエット中に意識すべき血糖値について詳しく解説!

血糖値とは血液中のブドウ糖のことで、炭水化物を食べるとその中の糖質がブドウ糖になり、小腸で吸収され、血液中に取り込まれます。このブドウ糖は運動したり体を動かすときに必要不可欠なものなので、これは積極的に摂っていく必要があります。

しかし、血糖値が急激に上昇してしまうと、インスリンというホルモンが血糖値を下げようと大量に分泌されて必至に働き出します。このとき、一気に取り込まれたブドウ糖は体を動かすエネルギーとしては使い切れず、余ってしまい、それが脂肪に変わって体に蓄積されてしまうのです。

このため、急激な血糖値の上昇はなるべくさせない方が、ダイエットには良いのです。

急激な血糖値の上昇を防ぐために、食べる順番、特に『一口目に食べるもの』はかなり大切です。

まずは食物繊維を含む野菜を食べるようにしましょう。このとき、炭水化物を多く含む根菜類より、葉物を選ぶとより効果的です。

根菜類の例:かぼちゃ、ブロッコリー、じゃがいも、にんじん etc…
葉物の例:キャベツ、レタス、白菜、たまねぎ、ほうれん草 etc…

やってはいけないのは、一口目にいきなりご飯やパン、パスタやうどんなどの炭水化物を食べてしまうことです。特に空腹のときにいきなり炭水化物を体に入れてしまうと、一気に吸収され、血糖値も急上昇してしまいます。ケーキなどの糖質を多く含む食品も同様です。

なので、まずは野菜を食べ、その後に肉や魚などのおかず、最後にご飯などの炭水化物を食べ始めるようにしていきましょう。最初に食べたものから炭水化物を食べるまで、最低でも2,3分は開けるようにしてください。

最初に食べるものを意識し、一度血糖値の上昇が緩やかになったら、その後は食べ放題らしくバンバン食べちゃって大丈夫です。

最初に食べるものを意識すればあとは好きなものを食べていいのですから、これをやらない手はないですね。

食べた後のフォローをしっかりする

食べる時間帯、そして食べる順番さえ気をつければ太らないのかというと、実はそういうことではありません。当然ですが、食べた分しっかりと動くことは、ダイエットにおいてとても大切です。

『しっかり食べてしっかり動く』。これがいちばん健康にも良いですし、美しく痩せていくためには欠かすことができません。

例えば僕のある日の朝食バイキングの場合(休日の場合)、だいたい朝の8時くらいに食べ終わり、その後に帰宅。この時、僕のお腹は信じられないくらいぽっこりしていますが、これは一時的なので気にしません(笑)

帰宅した後、午前中は家でゴロゴロして、食べ物が消化された13時くらいを目安に4,50分ほどのジョギングに出かけます(きつい場合はウォーキングでもOK)。もちろん、お腹は空いていないのでお昼ご飯は抜きです。

ジョギングをすると汗をかいたり体力を消費するので、水分や栄養(ジュースではなく、水やスポーツドリンク、アミノ酸など)はしっかり補給します。この時点で、一日の食に対する欲求がなくなっている状態になっていればGoodです!そうすればもう夜にガッツリ食べる必要がありませんからね!

その後は家でゴロゴロ過ごしたり、買い物に出かけたりして自由な時間を過ごします。このときの時間としては夕方5時くらい。するとこの時点で、朝はあれだけ出ていたお腹がもういつも通りの感じになっているんです。

つまりは

『たくさん食べて運動もし、そしていちばん脂肪に変わりやすい夜ご飯を食べなくても良い状態になっている!』

ということ。朝に好きなものを好きなだけ食べているわけですから、このときには夕飯もたくさん食べたいという欲求はほとんどなくなっているはずです。なので、夕飯は栄養(あればプロテイン、野菜、ビタミンのサプリなど)を意識して摂るだけでOKだということです。

このように、食べ放題に行ったとしても、その後のフォローをしっかりとしてあげれば太ることはありません。

『たくさん食べるから太る』のではなく、『食べた後にフォローをしていないから太る』ということですね。

食べるものは何でもいいのか?

食べ放題 ダイエット

『上に挙げた3つはしっかりと守っているが、食べるものはなんでもいいのか?』

そう考える人もいらっしゃるかと思います。たしかに、いくら朝や昼だからといって、揚げ物やケーキばかり食べていたら意味がないような気がしますよね。

これに関して僕の実体験から感じることは、揚げ物やケーキなどの脂質を多く含む食品をたくさん食べた場合、消化するまでに時間がかかるため、帰宅後のフォローが苦しいということです。

走ろうと思ったら苦しくて走れなかったり、意外とお腹が引っ込んでいなかったりして、ひどい時は次の日まで苦しいこともありました(笑)

朝食バイキングならそこまで気にする必要はないと思いますが、ランチバイキングの場合、僕は

『揚げ物やケーキばかりでお腹を満たさない』

という自分ルールを作って実践していましたね。まぁ夜の食べ放題でなければしっかりと消化してくれますし、昼にバイキングに行ったのなら食べ物が消化した夜にジョギング、もしくはウォーキングを時間をかけて行うことにより、次の日のお昼くらいまでには元通りになっているはずです。(僕は22時とかにゆっくりジョギングに出かけたこともありました笑)

やってはいけないことは、まだ消化されずにお腹に残っているにもかかわらず、『一日三食ぜったいに食べなきゃ』という固定観念にとらわれて、食事をとってしまうことです。翌日の朝にお腹が苦しかったら食べなくてもいいし、水分だけとかサプリメントだけといった感じで、栄養素だけをとるという方法にしていきましょう。

結論としては、

『なんでも好きなものを食べても大丈夫だけど、消化の時間に差が出てしまい、フォローがきつくなる』

といったところですね。

最後に

<スポンサードリンク>

今回は、週に3回食べ放題に行っても太らない方法というテーマで記事を書いてきました。

一つ誤解しないでいただきたいのですが、僕は毎週3回も食べ放題に行っていたわけではありません(笑)。食べ放題に行っても太らないということを発見してから、たまに実験として週に3回行くこともあったということです。

さすがにランチバイキングは週に3回も行けないので、僕がやっていたのは主に朝食バイキングですね。休みの日はもちろん、仕事に行く直前に行くこともありました。

朝食バイキングに行くともう一つ良いことがあって、それは、朝早く起きてるから夜はすぐに眠くなり、早寝早起きの習慣が身につくということです。

しっかりと睡眠をとることもダイエットや健康的な体づくりには大切ですので、まさに一石二鳥ですね!

僕がこれをやっていたのはボクサーの現役時代で、運動量も激しかったのでその分食に対する欲求もかなり大きかったです。ですが一般的な方であれば(現在の僕もそうです)、週に3回も食べ放題に行きたいとは思わないですよね(笑)

なので、そういう方であれば、

『週に一回ランチバイキングに行くという日を決めて、その日だけは何でも好きなものを食べていいという日にする』
『その日にストレスをすべて発散させて、残りの6日間は節制した食事にする』

こういった方法が良いのではと僕は思います。

なんでも好きなものを食べていいんだという日を決めれば、その日のために残りの6日間は我慢しようという気にもなるはずです。僕は週に3回も食べ放題に行っても太らなかったのですから、週に1回食欲を爆発させたとしても、それだけで太ることはありません。もし太ることがあるとすれば、上に挙げた3つの方法のどれかを実践していないかだけです。

『食べることとどのように付き合っていくか。』

僕もそうだったように、これがダイエットの最大の悩みであり、いちばんストレスを抱えてしまうところ です。そんな僕が実体験を通して発見した、食べ放題に行きながらダイエットをするという革新的な方法。

ぜひ食べることの幸せを感じながら、そして運動をして健康的な体をキープしながら、よりよいライフスタイルを一緒につくっていきましょう!

佐々木彩乃さんにダイエットを依頼する

たびたびお伝えしてきているように、このたび、

管理栄養士 兼 ダイエットアドバイザーの佐々木彩乃さんを迎え、新たなダイエットコンサルを企画することになりました!

星野真生 ダイエット

星野真生 ダイエット

こちらは、これから僕と共にダイエットコンサルを行っていく、佐々木彩乃さんのLINEです。

僕にはない知識やセンスを持っている方なので、ぜひお気軽に友だち登録をし、ダイエットのことはもちろん、美容や健康についてもご相談してみてくださいね。

また、彩乃さんは、期間限定でダイエットの無料カウンセリングを行っていますので、そちらも併せてご相談されることをオススメいたします。

よりよいライフスタイルのために、今までにはなかった

『人生最後のダイエット』

を、あなたに提供していきます。

<スポンサードリンク>

関連記事

  1. 温野菜 ダイエット

    食べ放題

    温野菜・鍋ぞうでの太らない食べ方|ストレスなく食べまくるダイエット方法!

    そろそろ寒くなってきて、鍋を囲んで食事をすることが楽しみな季節に なり…

  2. ダイエット中 ランチ

    食べ放題

    ダイエット中のランチは何を食べてもOK!?外食やコンビニでも太らない?

    ☆お知らせ☆このたび、管理栄養士 兼 ダイエットア…

  3. ダイエット 飲み物

    食べ方・飲み方

    ダイエット中でも甘い飲み物が飲みたい!おすすめ飲み方レシピ集!

    ダイエット中であっても、美味しい食事がしたい、美味しいものを飲みたい。…

  4. 星野真生 ダイエット

    ライフスタイル

    『痩せる』ことよりも『痩せやすい』体を目指してダイエットをしよう!

    『ダイエット=体重を落とすこと』こんな考えのもと、ダイエットに…

  5. お腹空いてない 食事
  6. オールブラン

    ダイエット中の朝ごはんに食べるべきシリアル!選び方や注意点とは?

    『シリアルは健康食品!』 というイメージをお持ちの方は多いので…

<期間限定>無料カウンセリング実施中!

星野真生 ダイエット

友だちだけに限定コラム配信中!

星野真生 ダイエット
  1. 子ども スポーツ

    スポーツ

    子どもが習い事でスポーツをする意味とは?武井壮の生き方から考えること
  2. オールブラン

    ダイエット中の朝ごはんに食べるべきシリアル!選び方や注意点とは?
  3. 甘いもの食べたい

    マインドセット

    正しいダイエットでも成功できない理由|方法ではなく考え方が原因?
  4. コンビニ ダイエット

    食べ方・飲み方

    コンビニでも太らない食べ物やお菓子とは?選び方次第でダイエットはできる!
  5. 食べる時間 太る

    食べ方・飲み方

    食べる時間は太る太らないに関係する?ダイエット中の一日の食べ方のコツ!
PAGE TOP