リバウンド防止

ダイエット後にリバウンドする原因はストレス!ボクサーの減量法を真似するな!

<スポンサードリンク>

元ボクサーのぼくがこんな記事を書くのはなんだか変ですが…(笑)

ダイエットをして無事体重が落ちたはいいものの、気を抜いたら再び体重が増えてしまったというご経験のある方は多いのではないでしょうか?いわゆる『リバウンド』 というやつですね。

いったいなぜ、多くの人がリバウンドをしてしまうのでしょうか?

体重を落とす方法は世の中にたくさん溢れていますが、その後のリバウンドを防ぐ方法については、あまり情報が多くないのではないかとぼくは思います。

それはなぜかというと、体重を落とすことは簡単でも、それを維持することの方がよっぽど難しいから。

一時的に体重を落とすことだけに注力してしまい、長い目で見た美しいカラダづくりが考えられていないから です。

ぼくは引退後もリバウンドをしたくなかったので、そのための方法を現役時代に確立しました。これからはそんな自分の経験を、あなたにお伝えしていきたいと思っています。

ボクサーの減量は真似してはいけないけれど、その悪い面を取り除いて確立したぼくの新感覚ダイエットはぜひ、真似してみてくださいね!

体重を落とすことは簡単

リバウンド 原因

誤解を恐れずに言うと、体重を落とすことはとても簡単 です。食べる量を減らしたり、水を我慢したりすれば、体がどんどん軽くなり、それに応じて体重も減っていきます。

だけど、、、、、

そんな我慢の多い生活を、あなたはずーっと続けていくことができるでしょうか?体重を落とすことだけに気をとられ、毎日の楽しみや人間らしい生活をせずに生きていくことができるでしょうか?

ぼくは絶対にできないし、できたとしてもそれは一瞬で、結局は『もーやだっ!!』と言いそのダイエット生活から離れていってしまうでしょう。これでは元も子もありませんね。

体重を落とすだけでは、本当のダイエットとはいえません。

だってそれは目先のことしか考えていないことだし、心と体の健康をも害してしまう危険性があるからです。

そんな方法で体重を落とすから、多くの人がリバウンドをしてしまうのです。

体重を落とすことに一生懸命になるのももちろん大切です。

でもそれだけではなく、もっともっと先の自分、つまりは生涯を通して美しいカラダを保っている自分を想像して、頑張ってダイエットをしていくことが大切 です。

そのための方法や大切な考え方については、これからもぼくがしっかりとお伝えしてきます。

リバウンドする原因はストレス!

リバウンド 原因

リバウンドをしてしまう原因についてお悩みの方も多いと思いますが、それはずばり『ストレス』 です。体重を落とすことに躍起になった結果、それが達成された瞬間に安心してしまい、ドカ食いをしてしまうという流れですね。

リバウンドをしてしまうかどうかは、ダイエットをしている最中からもう決まっています。自分を制御してダイエットを続けていたとしたら、それは達成後にリバウンドをしてしまう可能性大だといえますね。

だからこそ、ストレスのないダイエットを続けていくことが大切だし、目先の体重ばかりに気をとられてはいけません。

『好きなものをしっかりと食べる』、『適度な運動を続ける』、『美味しく栄養を摂る』 。こういったことを続けていかないと、確実にストレスが溜まってしまいますからね。

参考記事:
夜食べないと本当に痩せるのか?夕食ありのストレスフリーなダイエット方法
運動したくないけど痩せたい時の考え方|ストレスのないダイエットのコツ
お菓子を食べたい衝動が我慢できなくてもダイエットは成功できる!その方法とは?

ボクサーの減量は真似しちゃダメ!

リバウンド 原因

ボクサーといえば、

『暑い部屋にこもってたくさんの服を重ね着し、縄跳びを延々と跳び続ける…。』

こんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?ご飯もろくに食べずにトレーニングをしたり、しかもそれが一ヶ月くらい続いたりと、過酷な減量風景を見たことがある方も多いと思います。

そんなボクサーの減量法こそ、一時的に体重を落とすだけのやり方です。

試合前日に行われる計量が終わった途端、どのボクサーも一気にリバウンドしますからね。多い人で5〜6キロ以上一日で増える選手もいます。こんなのは絶対に、一般の方は真似をしてはいけないダイエット法 ですよ。

多くのボクサーは計量をクリアするために、2,3日前から水を抜き始め、前日はほとんど水や食事をとらないことが多いです。すると体から一気に水分が抜け、それだけで2,3キロ、多い人で5キロくらい落ちる選手もいます。アスリートは筋肉量が多いので、その分水抜きで体重が落ちやすいのです。

でもこの方法はただ単に体から水分が抜けただけであって、飲んだり食べたりすれば一気にリバウンドしてしまいます。体がスポンジのようになっているので、とったものを勢いよく吸収してしまうんですね。

もしもこれがボクサーではなく、この記事をご覧のあなただと想像したらどうでしょうか…?

頑張って目標体重まで落としたとき、安心して水をガブ飲みしたり、お祝いとしてたくさん食べたりしてしまったとしたら…。

当然体はスポンジのようになっていますから、ボクサーのように一気にリバウンドしてしまいすね。

ぼくたちはボクサーのような過酷な減量をする必要はなく、長い目で見たストレスのないダイエットをしていかなくてはいけません。 そのためには目先の体重に目を奪われず、淡々と実践していくことが大切です。

さいごに

リバウンド 原因

ボクサーの減量は『一時的』、ぼくら一般人のダイエットは『長期的』 です。ここを間違えて目先の体重ばかりに意識が向くと、リバウンドという悲惨な結末を迎えてしまいます。

いくら体重を落としたいと思っても、食事を抜いたり水分を抜いたりするのは絶対にやめましょう。

ボクサーのように決められた計量日があるわけではなく、ぼくたちは一生かけて美しいカラダを作っていく必要があるのです。

一時的に体重を落としてリバウンドをしてを繰り返していたら、心も体も健康を損ねていってしまいます。だからこそ、ぼくはストレスのない楽しいダイエット方法を提案しています。

ぜひこれからもぼくの発信を見ていただき、一緒に理想的なカラダづくりを目指していきましょう!

星野真生 ダイエット*LINE@で友だちになってくれた方には限定で、ボディメイクコラムの配信や、無料相談も受け付けています。ぜひこちらをクリックしてお気軽にご申請ください〜。

<スポンサードリンク>

関連記事

  1. 食べ過ぎ 後悔

    リバウンド防止

    炭水化物をとりすぎても後悔は不要!体重や脂肪をリセットするチャンス!

    炭水化物をとりすぎるとつい、後悔の念が頭の中を駆け巡ってしまう...。…

<期間限定>無料カウンセリング実施中!

星野真生 ダイエット

友だちだけに限定コラム配信中!

星野真生 ダイエット
  1. 運動後 食事

    ダイエットコラム

    ダイエットコラム【運動後の食事に炭水化物は太る?】
  2. コンビニ ダイエット

    食べ方・飲み方

    コンビニでも太らない食べ物やお菓子とは?選び方次第でダイエットはできる!
  3. オールブラン

    ダイエット中の朝ごはんに食べるべきシリアル!選び方や注意点とは?
  4. 星野真生 ダイエット

    ダイエットコラム

    ダイエットコラム【食物繊維は超効果的だけど、偏った食事は逆効果】
  5. 星野真生 ドテラ

    dōTERRA

    【why doTERRA】守りたい人がたくさんいる人生は幸せだと思う
PAGE TOP