子ども 習い事 必要

スポーツ

【元プロボクサー監修】子どもの習い事は必要?僕がオススメする理由!

<スポンサードリンク>

子どもをもつ親御さんは、その子どもに何か習い事をさせた方がいいのか、悩むこともあるのではないでしょうか?また、一口に習い事といってもその種類はたくさんあり、何をさせてあげようかと考えてしまいますよね。

ぼくは小さい頃から野球をやってきたのですが、その経験は今もすごく役に立っており、子どもの頃からやってきてほんとに良かったなと思ってます。

子供の頃から何かしらの習い事をするのはぼくは必要だと思いますし、それはスポーツに限らず、子どもがおもしろいと感じことは全力で伸ばしていくべきだと考えています。現代は『好きが仕事になる時代』であり、楽しいことならどこまでも努力することができますからね!

ぜひこの記事をご覧いただき、お子さんの習い事えらびの参考にしていただけたらなと思います。

 子どもの頃に習い事をするメリットは?

子ども 習い事 必要

子供の頃から習い事をすることがオススメだと書きましたが、果たしてそれをすることにより、いったいどんなメリットがあるのでしょうか?

ここではそんなことについて、考えてみたいと思います。

自信がつく

習い事をするということは、スポーツでも勉強でも同様に、なにか目標をもってやることになります。それに向かって日々取り組み、達成できることもあれば達成できないこともある。

でも結果はどうであれ、そこに向かって努力したものは決して無駄にはならないし、そこまで頑張れた道のりは、何にも代えがたい自信となります。

子どもの頃というのは何をするのも初めての体験であり、先入観がありません。だからこそ、それができた時の達成感は格別ですし、それを子どもの頃から感じることができれば、その先の人生での大きな自信となっていきます。

たとえそれが達成できなかったとしても、また他にチャレンジすればいい。どれだけ失敗したとしても、まだまだ可能性に溢れていますからね!

好きなことが見つかる

子どもはなにをするのも初めてであり、そのどれもが経験のないことです。ということは、好きなものも嫌いなものもまだまだわからないということです。

大人から『これをやりなさい』と言われることはあっても、それが本人にとって好きなこととは限らない。好きなことや楽しいことは自分で見つけるものであり、習い事を通して、そしてそれに熱中することによって、自分の好きなことが見つかるのです。

『好き』というのは、何をするにもとても重要な感情です。好きであれば辛くても続けられますし、逆に嫌いなことであれば辛くなったらすぐに逃げ出してしまう。だからこそ、その子どもにとって好きなことを見つけてあげ、それを全力で伸ばしてあげることで、その子の人生は充実した日々になるのではないでしょうか。

もしも途中で投げ出してしまっても、また新たに好きなことはたくさん見つかります。だから本当に好きなものが見つかるまで、とにかく色々なことに挑戦させること。これが小さな頃から習い事を始めるべき大きな理由だと、ぼくは思います。

協調性が身につく

習い事をする上で、人との関わりがより増えていきます。チームスポーツならもちろん、個人競技、一対一で教わる勉強にしても、必ず誰かと共に行ったり、教わりながらやっていきますよね。

好きなことや目標ができたとき、それを叶えるために最も必要なことは、『環境』です。

一緒にがんばる仲間であったり、教えてもらう先生の存在は、自分ひとりでは行けないところまで自分を伸ばしてくれます。また、辛くなった時、こうした環境に身を置いていることで、『自分は一人ではない』と感じることができ、再び立ち上がる勇気も湧いてきます。

たとえそれが個人競技であったとしても、共にがんばる仲間のいる環境に身を置くことはとても大切です。学校や家族とはまた違う、自分を高めていくための素晴らしい環境を、習い事をすることによって掴むことができるのです。

習い事は何歳からやるべき?

子ども 習い事 必要

何歳から習い事を始めれば良いかということについて、子どもに習い事をさせたことがある母親にした調査のデータ結果によると、一番多かった回答が、『3歳まで』という年齢でした。その次が『4歳まで』ということで、早い段階から子どもに習い事をさせる親御さんが多いことがわかります。

『三つ子の魂百まで』ということわざもありますが、3歳までに培った能力は、その後の人生を左右するほどの影響があると言われています。これは味覚であったり、思考(ポジティブなものでもネガティブなものでも)であったり、親子の信頼関係であったり、さまざまなことにおいて、3歳までに養うことが非常に重要とされているのです。

3歳までに習い事を始めさせる親御さんが多いのは、こうしたことも大きな要因になっていると思います。一体どんな才能があるのか全くわからない3歳という年齢で色々なことを経験させることは、その後の人生に大きな選択肢を与えてくれるでしょう。

早めに習い事を始めることにより、その子の可能性も広がっていくはずです。

どんな習い事をさせるべき?

子ども 習い事 必要

それでは、3歳までにどんな習い事をさせれば良いのでしょうか?

人気の習い事としては、生後6ヶ月から始めることができ、その手軽さが人気の水泳教室、これからの時代に使う機会が増えてくる英会話、遊びやコミュニケーションを培うことができる幼児教室などが挙げられました。

まだまだ3歳という年齢ですから、色々なものを経験させてあげることが良いんじゃないかなとぼくは思います。ただ、たくさんの習い事をさせようとすればその分費用もかかりますし、生活にいろいろと支障が出てくることもあるでしょう。

なので、その全てにおいて塾やスクールに通うのではなく、普段からたくさんのモノに触れさせたり、見せてみたり、感じてみせたり。お金をかけなくても、できることはたくさんあるはずです。

たとえばYoutubeを開けば色々な動画を見ることができます。テレビをつければ色々な番組がやっています。本屋さんに行けばいろいろなジャンルの本が売っています。

現代は欲しい情報にすぐにたどり着くことができますから、子どもの可能性というのは本当に大きなものがあるといえるでしょう。日常の至るところから好きなものや興味のあるものは見つけることができますから、普段からいろいろなモノに触れさせることが大事だと、ぼくは思います。

さいごに

子ども 習い事 必要

ぼく自身は5歳の頃に初めてバットを握り、それから野球に魅了されて、高校生まで続けてきました。子どものから夢中になることがあってぼくは本当に良かったなと思っています。

野球を通して親友もできましたし、努力することの大切さや、礼儀の大切さも知りました。チームプレーの楽しさも知った一方で、その難しさも知った。

夢のプロ野球選手にはなることはできなかったけど、今も胸を張って野球をやっていて良かったと言うことができます。

それは

『野球をやっていたから』ではなく、

『本気で好きなことに向き合ってきたから』という自信があるからです。

『何をやるのか』ではなく、『どのようにそれに向き合うか』の方が数千倍大切だとぼくは思う。インターネットを使えば簡単に『習い事の人気ランキング』を調べることはできるけど、

『その子が本気で夢中になれること』、

『心から好きだということ』

を伸ばしてあげるのが一番なんじゃないかなと、ぼくはそう思っています。

ぼくはたまたま小さい頃に野球に出会い、その後はボクシングを始めて23歳まで続けてきましたが、ずっとスポーツを続けてこられたのはそれが

『本気で好きだったから』

です。辛いこともあったけど、好きだからこそ続けることができた。

これからの時代は『好き』が仕事になる時代であり、それが大きな個性になっていきます。だからこそ、ぜひお子さんが小さな頃から好きなことを見つけてあげて、それを全力で伸ばしていってほしいです。

ぼく自身もこれからも、自分が大好きなことに本気で夢中になれる、そんな素敵なライフスタイルを描いていきます。

星野真生 ダイエット*LINE@で友だちになってくれた方には限定で、ボディメイクコラムの配信や、無料相談も受け付けています。ぜひこちらをクリックしてお気軽にご申請ください〜。

<スポンサードリンク>

関連記事

  1. 子ども スポーツ

    スポーツ

    【元プロボクサー監修】子どもが習い事でスポーツをする意味と武井壮の生き方から考えること

    今や見ない日はないほどの人気タレントになった武井壮さん。スポー…

  2. 運動後 食事

    スポーツ

    【元プロボクサー監修】運動後の食事は炭水化物も食べても太らない!?

    ダイエットを実践されている方の中には、『運動後にご飯を食べると…

  3. ダイエット 成功しない

    スポーツ

    【元プロボクサー監修】ダイエット中はジムに行くべき?その理由と正しい選び方

    あなたはダイエットをしようと思ったとき、いったいどんな方法を考えるでし…

  4. 比嘉大吾 減量

    スポーツ

    比嘉大吾の減量失敗の原因とは?ボクサーの減量とダイエットの違いから考えること

    プロボクサー比嘉大吾選手が減量を失敗していしまい、世界チャンピオンから…

  5. DL フットサル

    DL

    DLフットサル開催!大切な人を大切に|大切な人の大切なものを大切に

    2017年10月1日。5月21日に引き続き、第2回DL(ドリー…

  6. 子ども 習い事

    スポーツ

    【元プロボクサー監修】子供の習い事のスポーツにボクシングをすすめる理由!

    『子供に何か習い事をさせたい』そういったことを考えている親御さ…

友だちだけに限定コラム配信中!

星野真生 ダイエット
  1. 運動したくない ダイエット

    マインドセット

    【元プロボクサー監修】運動したくないけど痩せたい時の考え方のコツ!
  2. ダイエット 星野真生

    ダイエットコラム

    唯一の正解ではなく『バランス』を|良い悪いで判断しないことが大切!
  3. 星野真生 ダイエット

    ダイエットコラム

    ダイエットコラム【体重もたまには測りましょう!】
  4. リバウンド防止

    【元プロボクサー監修】ダイエット後にリバウンドする原因はストレス!
  5. お腹空いてない 食事

    食べ方・飲み方

    お腹が空いてない時の食事はどうする?ダイエット中のオススメメニュー!
PAGE TOP