ダイエット 見た目

マインドセット

【元プロボクサー監修】見た目を変化させるダイエットは塩分がカギ!

<スポンサードリンク>

『ダイエット=体重を落とすこと』 という考えは、広く浸透しているかと思います。

毎日体重計に乗り、昨日よりも減っていたら嬉しくなったりと、体重によって一喜一憂する人は多いのではないでしょうか。もちろん、ダイエットをして体重が落ちることは素晴らしいです。数字としてとてもわかりやすいですし、努力が結果に結びついているといえるので、そこをモチベーションに頑張ることも大切ですからね。

ですが、本来のダイエット(僕が思う理想的なダイエット)は体重だけでなく、見た目を意識した美しい体づくりのことです。

そしてそのためには、目先の体重に一喜一憂するのではなく、ストレスのない健康的な毎日を送っていく必要がある のです。

この記事では、そんな『人に見せられる美しいカラダづくり』のために大切なことについて解説していきます。

今回のカギはズバリ、『塩分』です!

体重を意識しすぎるとどうなるか

ダイエット 見た目

『ダイエットの目的は体重を落とすことだ!』 と思っている人は多いのではないでしょうか?

数字としてもわかりやすいし、前日よりも減っていればとても嬉しかったりしますから、これを目標に頑張ろうという人が多いのは事実ですね。僕はプロとしてボクシングをやっていたので、ずっと体重を意識した現役生活を送っていました。

プロは100gでもオーバーしたら試合に出られないため、体重を落とすことに関してはめちゃめちゃシビアになっていましたね。

そんなボクサーは試合前日に体重を測り、次の日に試合をします。なので、計量が終われば何を食べても飲んでもいいんですね。

するとどうなるかというと、試合当日には計量の時から3〜5キロほど体重が増えてしまうんです(海外では7,8キロ増える選手もザラにいます…)。

これはダイエット用語で言えば、完全に『リバウンドしてしまっている』 ということですね。

ボクサーの場合であれば、試合のためにたくさん食べて体重を増やすことは良いことなのですが、これがもしも一般の方だと考えたらいかがでしょうか…?

体重を落とすことを目標にし、落ちたと喜んでいたら一気にリバウンドしてしまう…。

ボクサーとしては喜ばしいことかもしれませんが、一般の方であればもはや悲劇でしかありません…。

プロボクサーとしての経験を通して僕は、『目先の体重ばかりを意識することがいかにリバウンドしやすいか』 ということを身にしみて感じてきました。そしてこれはボクサーだけのダイエット法(減量法)であり、一般の方は決して真似してはいけない方法だと、今僕は強く思っています。

見た目を意識したダイエットを

ダイエット 見た目

ボクサーのように、『~月~日までに〜キロまでにしないといけない』という明確な目標があれば別ですが、一般の方がダイエットをするときは、そこまで体重を意識しすぎない方がいいです。

もちろん体重をモチベーションにするのは大事なことですが、それは結果としてついてくるのであって、そこを一番に考えすぎないほうがいいというのが僕の持論ですね。

なぜならそれは先ほども言ったように、ボクシングを通して実際に良くない例を僕はたくさん見てきたからです。

試合が終わったら別人のようになってしまう人、引退したら面影がなくなってしまう人…。

そういう人を僕はたくさん目の当たりにしてきました。

ボクサーとしての時間は人生のうちのわずかだけど、その後の人生は死ぬまでずっと続くわけなので(むしろ第二の人生の方がよっぽど長い)、これではとても悲しいですよね。

僕はそうはなりたくなかったし、『引退後も体型をキープして健康に生きたい』、『男として人に見せられる引き締まった体のままでいたい』 といった思いを強く抱いていました。

ボクサー特有の減量を続けていたら引退後にリバウンドするのが分かっていたので、現役当時から自分なりの減量法を確立しようとしていたんですね。

だからこそ、体重よりももっと意識すべきことは『人に見せられるかどうか』だと僕は思っています。

体重が少なくても脂肪が多い人と、体重が多くても健康的で自信に満ち溢れている人。おそらく、多くの人が後者に魅力を感じるはず です。

体重はあくまでも一つの結果であって、それが目的ではありません。

見せられる体を作っていたらいつの間にか体重も減っていたというように、それはあとから付いてくるもの なのです。

毎日体重を測って一喜一憂するよりも、毎日鏡で自分の体を確認し、それをモチベーションにできれば素晴らしいですね。

塩分をとりすぎないことがカギ!

ダイエット 見た目

体重よりも見た目の方が大事だということがわかったら、それを実現するにはどうしたらいいのか ということを最後に解説していきます。僕も実際にこの方法で体が変わったし、結果的に体重にもその効果が表れました。

その方法とはこの見出しにもあるように、『塩分をとりすぎない』ということです。普通に生活をしていたらかなりの塩分をとってしまうので、ここはしっかりと意識して生活をする必要があります。

塩分のとりすぎの何が悪いのかというと、この記事をご覧のあなたもご経験あるかと思いますが、『体がむくむ』という現象が起こることです。たとえば前の日の夜に飲みすぎてしまったり、味の濃いものを食べすぎてしまったりすると、朝起きた時に顔や足がパンパンになっていることはないでしょうか?

これは塩分をとりすぎたことによって、体に水分が溜まってしまっている状態のことですね。

塩分をとりすぎると体の水分が抜けなくなってしまい、『むくみ』となって体をパンパンにさせてしまいます。

すると顔や体がより大きく見えてしまったり、結果的に体重も増えてしまうということに繋がります。別の記事でも解説していますが、あまり食べていないのになぜか太っていく… という悲劇も起こり得るんですね。

参考記事:食べてないのに太る理由とは|塩分のとりすぎと菓子パンが原因?

塩分は、日常の食事の至る所にたくさん含まれています。塩は味付けには欠かせないですし、旨味を引き出すのには必要不可欠なものですから、どうしてもとりすぎてしまいますよね…。僕も塩分が含まれた食品は本当に大好きです。

たとえばドレッシング、カレーのルー、みそ汁、醤油などの調味料、キムチ、パスタソース、食パン、ラーメン、お寿司…etc。

これらのように、味付けが濃かったりするものにはかなりの量の塩分が含まれています。だから美味しいというのもありますが、だからこそ食べすぎない方がいいということですね。

上の参考記事でも解説していますが、あまり量は食べていなくても塩分の量が多いと、結果的に太ってしまうということです。

見た目を意識したダイエットのために、塩分のとりすぎは禁物です。それはダイエットだけではなく、美容に関しても塩分のとりすぎは良くありませんので、ここはしっかりと頭に入れておきましょう!

まとめ~塩分のとりすぎを防ぐために~

ダイエット 見た目

今回は、体重よりも見た目を意識したダイエットをしよう、そしてそのためには、塩分のとりすぎには気をつけよう というテーマで記事を書いてきました。

僕の経験上、塩分を控えることで体の変化はすぐに表れます。

具体的に気をつける方法として、サラダにかけるドレッシングの量を気持ち減らしてみるとか、毎食何かしらのスープを飲んでいるのであれば一食だけにしてみるとか、ラーメンのスープを毎回飲み干しているのなら残すようにするとか、意識できることは日々の生活の中でたくさんあります。

また、どうしても付き合いで外食が多かったり、塩分をとる機会が多い毎日を送っている方は、『カリウム』という栄養素をとることをオススメします。

カリウムは主に野菜類、果物類などに多く含まれていて、飲み物であれば果汁100%のフルーツジュースなどがいいですね。わかめなどの海藻類、大豆などの豆類などにも特に含まれていますので、積極的にとっていくことを意識しましょう。

塩分は意識しないととりすぎてしまうし、カリウムに関しては意識しないとあまりとれないので、どちらもしっかりと毎日の食事の中で摂取できるように意識してください。塩分を控えてカリウムを多くとるというだけで、顔や体のむくみが取れて見た目もスッキリしてきますので!

毎日のちょっとした意識によって、変化することは本当に多いですよ。

参考:食べてないのに太る理由とは|塩分のとりすぎと菓子パンが原因?

『自分の今の食生活は塩分とりすぎかなぁ』とか、『毎日あまり食べてないのに体が重いなぁ』など、なにか生活の中での不安や疑問点がありましたら、いつでも僕にご連絡いただければと思います。

LINE@で友だち申請をしていたければより気軽にやり取りすることができますので、ぜひこちらのリンクからのご申請もお待ちしていますね!

星野真生 ダイエット*LINE@で友だちになってくれた方には限定で、ボディメイクコラムの配信や、無料相談も受け付けています。ぜひこちらをクリックしてお気軽にご申請ください〜。

<スポンサードリンク>

関連記事

  1. ダイエット 方法 目的

    マインドセット

    あなたの理想のダイエットは体重?見た目?目的に沿ったやり方での実践を

    ダイエットの目的は人それぞれです。『1ヶ月で5キロを落としたい…

  2. 痩せ方 わからない

    マインドセット

    【元プロボクサー監修】痩せ方がわからないのは全く恥じゃない!

    何度ダイエットに挑戦しても失敗してしまい、『正しい痩せ方がわからない.…

  3. 夜 夕食食べない 痩せる
  4. ダイエット 栄養素

    ライフスタイル

    栄養素はチームワークで働く!ダイエットには偏った考え方は禁物!

    僕のもとにはよく、『ダイエットするには何を食べたらいいですか?…

  5. 食べる時間 太る

    食べ方・飲み方

    【元プロボクサー監修】食べる時間は太る太らないに関係する!?

    『夜遅くに食べると太る』 というのは、きっと誰もがご存知かと思…

  6. 人生 意味

    マインドセット

    人生には何も意味がないとしたら、あなたはどんな意味をつけて生きますか?

    僕たちはみな、人生で起こるさまざまな出来事に対して意味をつけながら生き…

友だちだけに限定コラム配信中!

星野真生 ダイエット
  1. 星野真生 ダイエット

    ダイエットコラム

    ダイエットコラム【有酸素運動とダイエットの関係性】
  2. 大切 人

    ライフスタイル

    『大切な誰かのために』という気持ちが一番強いと感じる今日このごろ
  3. 星野真生 ダイエット

    マインドセット

    ダイエットの名言から考える成功者に共通すること|挫折しない為の気の持ち方
  4. ダイエット 星野真生

    ダイエットコラム

    唯一の正解ではなく『バランス』を|良い悪いで判断しないことが大切!
  5. 食物繊維 ダイエット

    オールブラン

    【元プロボクサー監修】食物繊維のダイエット効果は凄すぎる・・!
PAGE TOP