星野真生 ダイエット

mao's diet レシピ

mao’s diet レシピ|食べ過ぎ&胃が痛い時の回復雑炊!

<スポンサードリンク>

今回のmao’s deit レシピは、前日の夜に焼き肉を食べ過ぎ、胃を痛めてしまった時に作った胃腸回復メニューです。

『消化の良い野菜を消化の良い雑炊に合わせた一品』 という、とても簡単で体に良いメニューです。

それでは、今回もご紹介していきます~!

星野真生 ダイエット*LINE@で友だちになってくれた方には限定で、ボディメイクコラムの配信や、無料相談も受け付けています。ぜひこちらをクリックしてお気軽にご申請ください〜。

使った材料

<1人分>
・白米:お茶碗1杯
・卵:1個
・キャベツ:お好み
・にんじん:お好み
・ほうれん草:お好み
・ベビーリーフ:お好み
・オリーブオイル:たっぷり

この材料を選んだ理由と体への効果

星野真生 ダイエット

白米

日本人にとって、白米は昔から食の中心として扱われてきた大切な食材ですね。

僕もお米が大好きですし、パンよりも断然ご飯派の一人です。

最近では糖質オフダイエットが流行っていて、白米を中心とした炭水化物を毛嫌いする人が増えている印象を僕は受けます。

だけど、白米は体にとって必要な栄養素があり、完璧にカットするのは僕はあまりおススメしません。

その理由として、

白米は他の主食(うどんやそば、ラーメンなど)と違って塩分が含まれていないこと、余計な添加物が含まれていないこと、脳へのエネルギーになりやすいことなどが挙げられます。

僕は普段は白米ではなく玄米を食べていますが、今回は“胃腸回復メニュー”ということで、食物繊維の少ない白米を選んで雑炊を作りました。

毎日食べるのであれば玄米の方がいいですが、その時の体の状態や目的に沿って使う食材を変えていけるといいですね。

『あれは太ってこれは太らない』という考えではなく、それぞれの食材の良いところを合わせながら楽しく食事をしていくことが大切です!

mao’s diet レシピには卵がよく登場しますが、それは単純に僕が大好きな食べ物だからです。

参考記事:
mao’s diet レシピ|アボカドと卵にワインビネガーの風味を添えて
mao’s diet レシピ|カルボナーラ風ダイエットパスタ!

かつ、卵は『完全栄養食』と言われるほど豊富な栄養を含んでいるので、健康的な食事のためには欠かせない食材ですね。

注意することとしましては、あまり長く過熱(ゆで卵など)をすると消化に時間がかかってしまうということです。

なので、胃腸が弱っている時や回復させたい時には加熱時間を短くして卵を使うようにしましょう。

キャベツ

キャベツがもつ有名な栄養素としては、やはり『キャベジン(ビタミンU)』ですね。

キャベジンは別名『天然の胃腸薬』とも言われているほど、胃腸の回復に優れている栄養素 です。

胃の粘膜を保護・修復してくれる効果があるので、ここで紹介しているように雑炊にしてみたり、脂っこいものを食べるときに一緒に摂ったりなどすると、とても効果的ですね!

他にも、野菜の中でトップクラスのビタミンK、美容や健康維持のためには欠かせないビタミンC、さらには意外にもカルシウムが多く含まれているので、体作りにも力を発揮する食べ物 だといえます。

プロボクサーだった頃の僕は冷蔵庫の中にキャベツを常備していましたが、当時はここまでキャベツに栄養があったとは知りませんでした。

減量がスムーズにできたり、強くない僕の胃腸が良好になったのは、今振り返るとキャベツの力が大きかったんだなと思いますね!

にんじん

にんじんの大きな特徴としては、ビタミンA(カロテン)が豊富に含まれていることです。

ビタミンAは鼻や喉の粘膜を保護して風邪予防をしてくれたり、暗がりでも目が見えるように視力を強化してくれたりする働きが あります。

『緑黄色野菜の王様』と呼ばれるほど、その栄養価の高さが注目されていますね。

他にも、塩分を排出してむくみを解消してくれるカリウム、脂肪を吸収して排出を促す食物繊維も豊富なので、ダイエットにもとても効果的な食材 です。

もちろん消化もいいので、今回のように雑炊に混ぜて食べるのもおススメですね!食感もプラスされてより美味しくなります!

ダイエット・健康・美容・老化防止など、にんじんのその効果はとても大きいです。

ほうれん草

ほうれん草の代表的な栄養素としては、『鉄分』が挙げられます。

鉄分豊富で有名な食材である牛レバーにも匹敵する量 だということですから、いかにほうれん草に含まれる鉄分が多いかがわかりますね。

ちなみに、ほうれん草などの『非ヘム鉄』は、なかなか吸収されないというのが難点なのですが、ビタミンCと一緒に摂ることでその吸収率を上げてくれます。つまり、鉄分とビタミンCが豊富なほうれん草は、貧血予防にも美容にも、とても優秀な食材であるといえますね。

また、体を酸化させて老化を早める『活性酸素』の働きを抑制する『βカロテン』の量も豊富で、100グラムのほうれん草には一日に必要なβカロテンのうち約40%の量が含まれているといわれています。

キャベツ・にんじんだけでは補いきれない栄養も、ほうれん草によって摂取することができますね!

ベビーリーフ

『ベビー』という名前がついているだけあって、僕は最初『ベビーリーフには栄養がないんじゃないか』と考えていました。

参考記事:mao’s diet レシピ|豚肉とアスパラの赤ワインソース添えとブリのジェノベーゼ

ですがこちらの参考記事でも紹介している通り、ベビーリーフは意外にも栄養価が高い食材です。

成熟した野菜よりも豊富に含まれている栄養素もありますし、鉄分やミネラルで見れば、レタスよりも5倍の量が含まれている そうです。

ベビーリーフは一度にたくさん食べる食材ではないため、たくさんの栄養を摂れるわけではありません。だけど、付け合わせとして料理を彩ったり、料理の上に乗せて色鮮やかにすることもできますよね。

健康な食事で大切なことは栄養価だけではなく、『見た目』を綺麗にすることも本当に大事だと僕は思っています。

食事を楽しむことが健康に繋がっていくし、それは『体重を落としたい』、『体脂肪を落としたい』、『美しくなりたい』という目的のためにも絶対に必要です。

そういった観点からも、『食べるもの』であったり、『どこで食べるのか』、『誰と一緒に食べるのか』ということも大切にしていきましょう。

そういったことをすべて含めたものが、僕の理想とするダイエット、そして健康です。

オリーブオイル

参考記事:
mao’s diet レシピ|アボカドと卵にワインビネガーの風味を添えて
mao’s diet レシピ|カルボナーラ風ダイエットパスタ!

僕はボクシングをやっていた当時、『油』を毛嫌いしていて全くといっていいほど摂っていませんでした。

『油=脂肪がつく』みたいなイメージがあって、揚げ物はもちろん、肉を炒めるときも油をひかなかったり、サラダも何もかけずに食べたりしていました。

もちろん、『体脂肪を落とす』という観点からいうと良いのかもしれませんが、『健康的に痩せる』という観点からみると、それは間違っているのかなと今の僕は思っています。

そこで取り入れるようになったのが、この『オリーブオイル』です。

油は生きていくために必要な栄養素であり、特に『健康的に』という僕のダイエットの軸となる部分を踏まえると、このオリーブオイルから摂る油はとても素晴らしいです。

細胞の酸化を防ぐオレイン酸やポリフェノール、さらにはビタミンEも豊富に含まれているので、積極的に摂りたい油といえるでしょう。

熱にも強いので、炒め物や揚げ物に使ってもいいですし、サラダに直接かけてドレッシング代わりにしてもいいと思います。

そんな僕は基本的に、どんな料理にもオリーブオイルをたっぷりかけて楽しんでますけどね^^

作り方

1.1センチほどに切ったキャベツ、にんじん、ほうれん草をオリーブオイルで炒め、塩コショウで味付けをする。
2.しんなりしてきたら、白米をお茶碗一杯分、水を200ccほど入れて混ぜ合わせる。
3.白米が水を吸って柔らかくなってきたら、溶いた卵をかけ流し、塩で味付けをする。
(うすいと感じたら、しょう油やめんつゆで味の調整をしましょう)
4.卵は火を入れすぎると消化が悪くなるので、半熟くらいでフライパンからお皿に移しましょう!ちぎったベビーリーフを混ぜれば完成です!

まとめ

星野真生 ダイエット

今回は、食べ過ぎ&胃が痛い時の回復雑炊をご紹介しました。

ここで紹介した食材はどれも消化に良いですし、サラサラっと食べることができるので、胃が痛いときや体調を崩しているときなどには最適ですね。

ちなみに、野菜だからといって全て健康的というわけではなく、状況に合わせて食べるものを変えてあげることがベスト です。

今回は消化に良いものを使って作りましたが、逆に消化しづらい食材は以下のとおりです。

 <消化しづらい食材>
・菓子パン
・そば
・パスタ
・青魚
・貝類
・脂の多い肉
・固茹で卵
・生卵
・枝豆
・さつまいも
etc…

これらは胃腸が弱っている時や体調がすぐれない時は食べるのを避け、消化のよいものを摂るようにしましょう。

具体的に言うと、食物繊維を多く含むもの、脂っこいもの、酸味や甘みが強いもの、香辛料や塩分が多いものなどです。

一方で、消化しやすい食材は、

 消化しやすい食材
・おかゆ
・うどん
・白身魚
・豆腐
・納豆
・ほうれん草
・かぼちゃ
・ホットミルク
・ヨーグルト
・りんご
etc…

上記の食材などです。

具体的には、食物繊維をあまり含まないもの(そのため今回はいつもの玄米ではなく白米を使いました)、油脂が少ないもの、柔らかいものなどです。ぜひぜひ参考にしてください!

健康的な体作りのために、そしてストレスを溜めることなくダイエットをしていくためには、『食事』を疎かにすることは絶対にいけません。

『ダイエットを楽しむ』という意識をもち、食事を通して素敵なライフスタイルを築いていきましょう!

星野真生 ダイエット*LINE@で友だちになってくれた方には限定で、ボディメイクコラムの配信や、無料相談も受け付けています。ぜひこちらをクリックしてお気軽にご申請ください〜。

<スポンサードリンク>

関連記事

  1. mao's diet レシピ

    mao’s dietレシピ|シンプルなカルボナーラに生ハムとまいたけを添えて

    今回のmao's diet レシピは、シンプルなカルボナーラに生ハムと…

  2. 星野真生 ダイエット

    mao's diet レシピ

    mao’s diet レシピ|カルボナーラ風ダイエットパスタ!

    今回は、手間なく簡単に作れるダイエットパスタをご紹介します。一…

  3. mao's diet レシピ

    mao's diet レシピ

    mao’s diet レシピ|豚肉とアスパラの赤ワインソース添えとブリのジェノベーゼ

    ササッと簡単に作ることができる、そして気軽に栄養を摂ることができるma…

  4. mao's diet

    mao's diet レシピ

    mao’s diet レシピ|アボカドと卵にワインビネガーの風味を添えて

    今回紹介するのは、アボカドと卵、そしてトマトを混ぜ合わせ、それを電子レ…

友だちだけに限定コラム配信中!

星野真生 ダイエット
  1. ダイエット 血糖値

    オールブラン

    【元プロボクサー監修】ダイエットはカロリーよりも血糖値が大切な理由!
  2. 星野真生 ダイエット

    ダイエットコラム

    ダイエットコラム【大事な明日のために、一日で痩せる方法はある?】
  3. 正しいダイエット

    マインドセット

    【元プロボクサー監修】『正しい』ダイエット法なんてない
  4. もち麦 痩せない

    食べ方・飲み方

    もち麦を食べても痩せない原因とは?食べ過ぎると体は栄養不足に!?
  5. 星野真生 ダイエット

    ダイエットコラム

    ダイエットコラム【有酸素運動とダイエットの関係性】
PAGE TOP