甘いもの食べたい

食べ方・飲み方

甘いものがやめられないし食べたい時の代替えオススメ食を元ボクサーが紹介!【本編】

<スポンサードリンク>

『甘いものをたくさん食べたいけど、やっぱりダイエットの大敵だから…。』

そんなことを考えてしまい、食べることにどうしても罪悪感を感じてしまいがちな『甘いもの』。もしも甘いものを好きなだけ食べて痩せていけたら、そんなに嬉しいことはないですよね。

では、ダイエットをするために、甘いものは一切やめるべきなのでしょうか?糖分が高くて太るからといって、完全に我慢しなければいけないのでしょうか?

もちろんそんなことはなく、ダイエット中でも甘いものはしっかり食べられます。食べながら痩せることだって普通に可能です。

今回は、甘いものが大好きでやめられないという方に向けて、オススメの代替食を元ボクサーの立場からご紹介いたします。また、甘いものでも組み合わせによっては余裕でダイエットができてしまうその方法についても、同時にお伝えしていきますね!

甘いものはなぜダイエットに良くないの?

それではまず、甘いものはなぜダイエットに良くないのかを考えていきましょう。

たとえば僕の大好きなチョコレート。とくにmeijiのコレがすきです。

甘いもの 太る

共感していただける方もいらっしゃると思いますが、コレ本当に美味しいですよね…。余裕でペロッと食べきってしまいます…。

でもこんなに美味しいガーナのミルクチョコレート。この成分表を見てみると、

 

甘いもの 太る

 

たった55gであるにもかかわらず、これだけのカロリーと脂質があります。しかもチョコレートは急激に血糖値を上げてしまいますので、太るリスクがかなり高い です。(脂質18.9gというのは、例えばコンビニのツナマヨおにぎりであれば4個分くらいの量)

また、チョコレートはこれだけカロリーと脂質が高い割に、たんぱく質の量が極めて少ない。しっかり運動し、たんぱく質をとって代謝を上げることが痩せやすい体を作るためには必要なのですが、これでは完全に、ダイエットには良くない食品であることがわかります。

一般的に『甘いもの』と言われているものは、このチョコレートのような成分であることが多いです。なので、『ダイエットには大敵』というふうに思われているのしょう。

甘いものは本当に良くないのか?

<スポンサードリンク>

ここで一つの疑問があります。それはこの見出しのように、

『甘いものって本当にダイエットに良くないのか?』

ということです。

たしかに、チョコレートは上でも解説した通り、脂質も多いしカロリーも高い。甘いものはダイエットに良くないという思いを抱いて当然だと思います。

ですが、『甘いもの』と一口に言っても、それは決してチョコレートだけではありませんよね?

甘栗や甘納豆はその名のとおり甘いし、あんこだって甘い。キウイやバナナや柿などの果物も、甘い食べ物だといえます。

果たしてこれら全てがチョコレートと同じように、ダイエットに大敵の食品なのでしょうか?僕はそうは思いませんし、『甘いもの』ってかなりざっくりとした表現だと思うんですよ。

なので、『甘いものは太る』というのは間違いで、『甘いものの中には太るものもある』というのが正確ですね。

この認識がないと全ての甘いものが大敵に見えてしまいますし、ダイエットには良くないという固定観念に縛られることになってしまいます。

まずは『甘いもの=ダメ』と決めつけるのではなく、それらとうまく付き合っていくこと、そしてうまく甘いものを選んで食べていけば、ダイエットなんて簡単ですよ。

甘いものが食べたい時は何を食べればいい?

甘いもの 太る

それでは、どんな甘いものを食べればダイエットに効果的なのでしょうか?

まず理解しておくべきは、チョコレートのような脂質が高くてカロリーが高く、血糖値が上がりやすい精製された白糖を使っている食品は、食べ過ぎればもちろん太ります。 体重はもちろん、体脂肪も増えてしまい、見た目にも明らかになってきてしまいます。

なので、甘いものが食べたくなった場合にオススメな代替食は、『和菓子』ですね。代表的なのは大福や甘栗、あんこなどでしょうか。

これらはカロリーが高い割に、脂質が多く含まれていません。ボクシングの現役時代、僕は減量中にもよくこれらを食べていましたし、普通に美味しいので心も満足していました!

あとは草餅とかみたらし団子とか、カステラ、どら焼き(あんこの)なども良いと思います。また、僕の大好きな山梨県の信玄餅!これもめっちゃ甘くて美味しいのに脂質は少ないので、間食にはオススメですね!

このように、和菓子は甘いものがけっこう多いです。

だから、もしも『甘いもの=チョコレートのように太るもの』 と考えてしまっているのなら、実はそれ以外にも甘くて美味しい、そしてダイエットにも効果的な食品があるんだということを、ぜひ理解していただきたいなと思います。

お腹が減ったらいつでも食べていいの?

甘いもの 太る

ここで一つ注意点がありまして、それは『食べる時間帯』です。甘いものが食べたくなったらいつでも和菓子を食べていいのかというと、決してそういうことではありません。

和菓子は脂質が少ないことが良いところなのですが、一方でカロリーが高く、炭水化物が多い食べ物 です。なので、夜遅くに食べてしまうと、体に溜まって脂肪に変わってしまう恐れもあるんです。

炭水化物は体を動かすためのエネルギーであり、車でいえばガソリンです。使わない車にガソリンを入れる必要がないように、これから休むという夜に、炭水化物を体に入れる必要はありません。

ですので、食事と食事の間、もしくは午後のデスクワークで頭が疲れて糖分を欲したときなどに、和菓子を食べるようにしましょう。仕事中などに普段はチョコレートを食べていたところを和菓子にするだけで、体は大きく変化していきますよ。

夜に甘いものが食べたくなったら…?

では、もしも夜遅くに甘いものが食べたくなったらどうすればいいのでしょうか?

チョコレートもダメ、和菓子もダメとなったら、いったい何を食べればいのでしょう?

そんなときに僕がやっていたことは、『プロテインを飲む』ということです。

プロテインに関してもまだまだ誤解があり、飲むと太るんじゃないかとか、筋肉がついて体重が増えるんじゃないかといった考え方がありますが、全くそんなことはありません。うまく使いこなすことによって(と言ってもとても簡単なのですが)、ダイエットにとても効果的なものになるんです。

なぜ夜にプロテインを飲んでも大丈夫なのかというと、たんぱく質が多くて脂質や炭水化物が少ないからです。

人間は寝ている間に成長ホルモンを分泌するのですが、この成長ホルモンには体の機能を維持する役割や、筋肉量を増やすためにたんぱく質を吸収する役割が あります。このタイミングでたんぱく質を体に入れてあげると、さらにその成長ホルモンの効果が発揮され、筋肉量の向上に繋がるんですね。

筋肉量が増えるとどうなるのか。それは、『太りにくく痩せやすい体になる』ということです。なので積極的にたんぱく質は摂っていくべきですし、就寝前のプロテインというのもとても有効なんです。

また、現在は昔に比べ、かなり美味しいプロテインがたくさん発売されています。ココア味やバニラ味、ヨーグルト味やバナナ味など、種類はほんとに多いです。

僕はSAVASのプロテインを好んで飲んていたのですが、牛乳と混ぜて飲むと本当に美味しくて、まさにトレーニング後のご褒美でした。

参考:SAVASのプロテインラインナップ。

この中でもココア味は本当にご褒美です…。一時期めっちゃハマってました(笑)

僕が一番愛用していたのは、そのラインナップの中の『ウエイトダウン』というプロテインですが、これもヨーグルト味でとても美味しいです。プロテインを取り入れる際はぜひ、参考にしてみてくださいね。

このように、夜遅くにお腹が減って甘いものが食べたくなってしまったら、牛乳とプロテインを混ぜて飲むようにしましょう。

アスリートでなければそこまで成分に細かく気をつかう必要もないですし、美味しさの基準で選んでもオッケー です。

ですが、種類によっては全く成分の違うプロテインもありますので、気になることがありましたら気軽に僕に相談してくださいね!

寝る前にチョコレートを食べれば太ってしまいますが、それをプロテインに変えるだけで、太りにくく痩せやすい体になる。

美味しいのに痩せられるなんて、もはややらない理由がないですね!

それでもチョコレートが食べたい…という人へ

<スポンサードリンク>

最後に、『そうはいってもチョコレートは我慢できない』という人や、『たまにはご褒美としてチョコレートを食べたい』、または『和菓子などの甘いものは嫌い』という人もいらっしゃるかと思いますが、そういう人にとっての最強の方法があります。それは、

『食物繊維と一緒に食べる』

という僕が実際に現役中にやっていた方法。

チョコレートなどの甘いものを食べた過ぎて葛藤していたとき、この方法によってその後の減量がめちゃめちゃ楽になりました。

この食物繊維を使った方法についてはまた別の記事で詳しく書いていこうと思いますので、ぜひそちらの記事もご参考くださいね。

何度も言いますが、

『甘いもの=ダイエットの大敵』ではなく、この記事で紹介したように『食べるものをうまく選ぶ』こと、そして別の記事で紹介する『食物繊維と一緒に食べる』

という方法を使うことにより、甘いものを味方にさえすることができます。

ダイエットはストレスがかかって大変なもの だというイメージがありますが、全くそんなことはなく、考え方や行動のちょっとした変化で、驚くくらい効果が出てくるのです。

何かありましたら、いつでもご連絡お待ちしております〜。

佐々木彩乃さんにダイエットを依頼する

たびたびお伝えしてきているように、このたび、

管理栄養士 兼 ダイエットアドバイザーの佐々木彩乃さんを迎え、新たなダイエットコンサルを企画することになりました!

星野真生 ダイエット

星野真生 ダイエット

こちらは、これから僕と共にダイエットコンサルを行っていく、佐々木彩乃さんのLINEです。

僕にはない知識やセンスを持っている方なので、ぜひお気軽に友だち登録をし、ダイエットのことはもちろん、美容や健康についてもご相談してみてくださいね。

また、彩乃さんは、期間限定でダイエットの無料カウンセリングを行っていますので、そちらも併せてご相談されることをオススメいたします。

よりよいライフスタイルのために、今までにはなかった

『人生最後のダイエット』

を、あなたに提供していきます。

<スポンサードリンク>

関連記事

  1. ダイエット 栄養素

    ライフスタイル

    栄養素はチームワークで働く!ダイエットには偏った考え方は禁物!

    僕のもとにはよく、『ダイエットするには何を食べたらいいですか?…

  2. プロテイン 太る

    プロテイン

    プロテインを飲むと筋肉がついて太るの真相|ダイエットに効果ある?

    『プロテインを飲むと筋肉がついて太ってしまいそう...。』こう…

  3. オールブラン

    お腹を早く満腹にするのがダイエットのコツ!その方法と食べ方を紹介

    ぼくはたびたび、『たくさん食べてたくさん運動することがダイエッ…

  4. 星野真生 ダイエット

    栄養素

    炭水化物の種類や血糖値について簡単に解説!糖質と糖類はどう違うの?

    最近は糖質オフダイエットが流行っていて、『とにかく炭水化物をと…

  5. 運動後 食事

    スポーツ

    【ダイエット中】運動後の食事は何を食べるべき?炭水化物は太る?【本編】

    ダイエット中の運動後は、いったい何を食べると効果的に痩せることができる…

  6. 置き換えダイエット ご飯

    食べ方・飲み方

    置き換えダイエットは白米を麦飯or玄米にするのがオススメ!その効果とは?

    最近は『置き換えダイエット』というダイエット法が流行っていて、実際にや…

<期間限定>無料カウンセリング実施中!

星野真生 ダイエット

友だちだけに限定コラム配信中!

星野真生 ダイエット
  1. ダイエット 血糖値

    オールブラン

    ダイエットはカロリーより血糖値を意識しよう!上げない食べ方と下げる方法
  2. ダイエット 運動後 食事

    スポーツ

    【ダイエット中】運動後の食事は何を食べるべき?炭水化物は太る?
  3. 甘いもの食べたい

    食べ方・飲み方

    甘いものがやめられないし食べたい時の代替えオススメ食を元ボクサーが紹介!【本編】…
  4. お菓子 食べたい ダイエット

    食べ方・飲み方

    お菓子を食べたい衝動が我慢できなくてもダイエットは成功できる!その方法とは?
  5. 子ども スポーツ

    スポーツ

    子どもが習い事でスポーツをする意味とは?武井壮の生き方から考えること
PAGE TOP